2020年|楽天スーパーセールでふるさと納税!買い回り等でポイント最大11倍UPのやり方

この記事では、
  • 楽天スーパーセールでふるさと納税して楽天スーパーポイントが最大11倍アップする方法
  • 11倍アップするためのショップ「買い回り」と「5と0のつく日」の使い方
  • 実際に「買い回り」と「5と0のつく日」を利用して、ポイントを2重取りするやり方

について解説しています。

この記事を読むことで、楽天スーパーセールを利用して、通常時より最大11%高い還元率でふるさと納税ができるようになります。

本記事の内容は、動画でも解説しているので、ぜひご覧ください。

 

楽天スーパーセールでふるさと納税すればポイントが最大11倍アップ!SPUと合わせて最大28倍!

楽天ふるさと納税では、以前は多くの返礼品でポイント10倍の特典がありました。
ですが政府の規制強化もあり、2017年4月以降は、ポイント10倍の特典は無くなりました。

しかし、今でも「ショップ買い回り」と「5と0のつく日」の2キャンペーンを利用すれば、全ての返礼品に対して、ポイントを最大11倍アップさせられます。

つまり、2つのキャンペーンを利用することで、ふるさと納税の還元率を最大11%上げられるということです。

「ショップ買い回り」と「5と0のつく日」の2つのキャンペーンは、楽天ふるさと納税でも適応されます。
また、2つのキャンペーンも同時利用もOKなので、ポイントの2重取りが可能です

ポイントが11倍(%)にアップする内訳は、次の通りです。

  • ショップ買い回り:9倍(%)
  • 5と0のつく日:2倍(%)
  • 合計:11倍(%)

この11倍は、楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)は含みません。

そのため楽天SPUを合わせると、最大で28倍までポイントがアップします。
ふるさと納税の寄付額の28%が、楽天スーパーポイントで還元されるのでとてもお得です。

楽天ポイントを最大28倍にするための詳しい方法を、以下の記事で解説しているので、ぜひ御覧ください。

▼関連記事
→​楽天ふるさと納税+3キャンペーンで楽天ポイントを最大28倍にするやり方

まずは、ショップ買い回りについて解説します。

ポイント最大9倍UP!楽天スーパーセールでふるさと納税するなら「買い回り」は必須

ここでは、楽天スーパーセール期間中に開催されるキャンペーン「ショップ買い回り」について、次の点を説明します。

  • ショップ買い回りとは何か
  • ふるさと納税におけるショップ買い回りの「カウント基準」について
  • 楽天ふるさと納税と楽天市場での買い物の件数の「合算OK」について

まずは、ショップ買い回りキャンペーンとはどういったものかを説明をします。

「ショップ買い回り」とは?


ショップ買い回りとは 、複数の楽天ショップで買い物をしたり、複数の自治体に楽天ふるさと納税で寄付をすると、もらえる楽天ポイントが増えるというキャンペーンです。

楽天スーパーセール期間中に開催される「ショップ買い回り」キャンペーンを利用すると、ポイントが最大で9%アップします。
楽天会員の通常ポイント1%と、ショップ買い回りポイント9%を合計すると、最大で10%になります。

以下のページに、ショップ買い回りの詳細の説明があります。

楽天スーパーSALEとは? -楽天市場

楽天ふるさと納税も、ショップ買い回りのキャンペーンの対象です。
キャンペーンサイトにも、楽天ふるさと納税がショップ買い回りの対象であると記載があります。


​​出典:楽天スーパーSALEとは? -楽天市場​​


そのため、買い回りキャンペーン期間中に複数の自治体にふるさと納税を行えば、得られる楽天スーパーポイントが増えます

ふるさと納税における、買い回りのカウントの基準

楽天ふるさと納税の寄付の場合、1自治体で1ショップとカウントされます。

例えば、5つの自治体でふるさと納税をした場合、回ったショップ数は「5」となり、ポイントは5倍(楽天会員1倍+買い回り4倍)となります。

楽天ふるさと納税と楽天市場での買い物の「買い回り件数の合算OK」

楽天ふるさと納税で寄付した自治体数と、楽天市場の買い物をしたショップ件数の合算も可能です。

例えば、買い回りキャンペーン期間中に、5つの自治体でふるさと納税を行い、5つの楽天市場のショップで買い物をした場合、買い周り数は「10」となり、ポイントは9%アップします。

内訳は、次のとおりです。

  • 楽天ふるさと納税:5つの自治体に寄付
  • 楽天市場:5つのショップで買い物
  • 合計買い回り件数:10件
  • ポイント:9%アップ
  • 合計:10%(楽天会員ポイント1%+買い回りポイント9%=合計10%)

このように、楽天ふるさと納税と楽天市場での買い物を組み合わせることで、高還元率を実現できます。

買いたいものがない場合は、楽天スーパーセールで行われいてる「日用品まとめ買いキャンペーン​」を利用して、長期保管ができる日用品や飲み物などを、まとめ買いすると良いでしょう。

楽天スーパーSALE 日用品まとめ買いキャンペーン −楽天市場

そうすることで、ふるさと納税を高還元率で行いつつ、日用品代も節約できます。

次に、更にポイントが2倍になる「5と0のつく日」について説明します。

楽天スーパーセールの「5と0のつく日」の活用でふるさと納税もポイント2倍UP

 

楽天スーパーセールの「5と0のつく日」を利用することでふるさと納税でも、楽天スーパーポイントが2倍になります。

ここでは、

  • 「5と0のつく日」とは何か
  • ふるさと納税も「5と0のつく日」のキャンペーン対象になる

ということについて、説明します。

「5と0のつく日」とは

「5と0のつく日」とは、5と0のつく日に​楽天カード​を使って楽天市場で買い物をしたり、楽天ふるさと納税で寄付をすると、ポイントが2%アップする(2倍になる)というキャンペーンです。

→​毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍 -楽天市場

「5と0のつく日」のキャンペーンは、毎月行われており5日、10日、15日、20日、25日、30日が開催日になります。

ふるさと納税も「5と0のつく日」のキャンペーンの対象になる


楽天ふるさと納税も、「5と0のつく日」のキャンペーンの対象
になります。
「5と0の日」のキャンペーンが、楽天ふるさと納税も対象になることは、楽天に問い合わせて確認済みです。

​​​楽天市場に問い合わせたチャット画面​​​

5と0のつく日に、​楽天カード​を使って、楽天ふるさと納税することで還元率が2%アップします。

例えば、9月10日に​楽天カード​を使って50000円分のふるさと納税を行なった場合、2500円分のポイント楽天スーパーポイントを得ることができます。

内訳は、次のとおりです。

  • 楽天会員:1%
  • 楽天カード:2%
  • 5と0のつく日:2%
  • 合計:5%
  • 獲得ポイント:2500ポイント(50000円×5%=2500ポイント)

さらに、「5と0のつく日」と「買い回り」の2キャンペーンは同時に利用可能です。

今なら楽天カードを作ると、5000円分の楽天スーパーポイントをもらえます。
作るだけでもお得なので、もしまだ楽天カードを持っていない人は、この機会に作ることをオススメします。

年会費も永年無料、申し込みから最速3日ほどで自宅に届きます。

詳細はこちらから↓↓

→​楽天カードの新規入会ご案内 -楽天カード

楽天ふるさと納税でも「買い回り」と「5と0のつく日」でポイント2重取りできる

楽天ふるさと納税でも、楽天市場での買い物と同様に「買い回り」と「5と0のつく日」の2つのキャンペーンを利用して、ポイントの2重取りができます。

楽天ふるさと納税で、ポイントが2重取りできることも、楽天に問い合わせて確認済みです。

​​​楽天市場に問い合わせたチャット画面​​​

例えば、楽天スーパーセール期間中の9月10日に5つの自治体に5万円のふるさと納税を行った場合は、ポイントは7倍(7%)になり、3500円分の楽天スーパーポイントを獲得できます。

内訳は、次のとおりです。

  • 寄付額:50000円
  • ショップ買い回り(5倍):2500円(50000円×5%=2500円 )
  • 5と0のつく日(2倍):1000円(50000円×2%=1000円)
  • 還元ポイント:3500ポイント(円分)
  • 合計還元率:7%

このように、「買い回り」と「5と0のつく日」の2つのキャンペーンを同時に利用することで、ポイントを2重取りできます

次に、ポイントを2重取りしてふるさと納税するための、手続方法を説明します。

7ステップ!楽天スーパーセールのふるさと納税でポイントを2重取りするやり方

「5と0のつく日」と「買い回り」を利用して、ポイントを2重取りするための、実際の手続方法を説明します。

1.「楽天スーパーセール」の期間を把握する


まず楽天スーパーセールが、いつ行われるかを把握します。

以下が、今後の楽天スーパーセールの予想期間です。

  • 2020年3月3日頃〜3月11日頃
  • 2020年6月4日頃〜6月12日頃
  • 2020年9月2日頃〜9月11日頃
  • 2020年12月2日頃〜12月11日頃

※過去の楽天スーパーセールの開催日をもとに、予想を出しています。

2.「5と0のつく日」を把握する

次に楽天スーパーセール期間中の、5と0のつく日を把握します。

5日、10日、15日、20日、25日、30日のいずれかになります。

例えば、2019年9月の楽天スーパーセールの場合、9月5日と9月10日が、5と0のつく日になります。

3.寄付手続きする日を決める

5と0のつく日を把握したら、寄付の手続きをする日を決めます。

5と0のつく日であれば、いつ寄付をしても還元率は変わらないので、手続きしやすい日を決めましょう。

4.「ショップ買い周り」と「5と0のつく日」の2つのキャンペーンにエントリーする

​次に「買い回り」と「5と0のつく日」の2つのキャンペーンにエントリーします

ショップ買い回りのエントリーは、楽天スーパーセールの期間発表後、楽天スーパーSALEのページからエントリーできるようになります。

楽天スーパーセール -楽天市場

5と0のつく日のキャンペーンは、キャンペーン期間中のみエントリーが可能です。
5と0のつく当日になると、次のページよりエントリーできるようになります。

毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍 -楽天市場

5.寄付の限度額を調べる

ふるさと納税で寄付して税金が控除される、寄付金の上限金額を調べます

調べ方は簡単で、以下のシュミレーターに

  1. 年収
  2. 家族構成
  3. 扶養家族の有無

を入力するだけです。​

​​かんたんシュミレーター -楽天ふるさと納税

配偶者控除や投資などによる所得がある場合は、詳細シュミレーターで寄附金額の上限を調べられます。


詳細シュミレーター -楽天ふるさと納税

6.返礼品を選ぶ

寄附金額の上限がわかったら、次に欲しい返礼品を選びます。

還元率の高いお得な返礼品は、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼関連記事
→​最高還元率135%!楽天ふるさと納税 還元率ランキング|総合TOP30|2019年9月版 【コスパ最強返礼品】

また、他の返礼品人気ランキングは、以下からチェックできます。
人気品がわかるので、返礼品を選ぶときの参考になります。

7.寄付する

返礼品を選んだら、寄付の申込みをします。

寄付の申込み手続は、次の3ステップで完了します。

  1. 返礼品のページで「寄付を申し込む」をクリック
  2. 「ご購入手続き」をクリック
  3. 「注文を確定する」をクリック

寄付手続の詳細や、申込者の名義についての注意など、詳しい説明が以下のページにあるので、申込時に一度ご覧ください。

→​寄付の申込みフロー -楽天ふるさと納税

楽天スーパーセールでふるさと納税ができるのは3月・6月・9月・12月の3の倍数月

楽天スーパーセールが開催されるのは、基本的に3月・6月・9月・12月3倍数の月です。

3の倍数の月が企業の決算月になっている場合が多いので、楽天市場に出店しているショップが「決算セール」をしやすいように、これらの月に楽天スーパーセールが行われているようです。

実際、2017年・2018年・2019年の3年間に行われた楽天スーパーセールは、全て3月・6月・9月・12月でした。

まとめ:楽天スーパーセール期間中の5か0のつく日にふるさと納税して還元率UP

楽天スーパーセールでふるさと納税をして、ポイントを最大11倍アップする方法について紹介しました。

還元率を最大11%(倍)にアップさせるためのポイントは、次の3つです。

  • 「ショップ買い回り」と「5と0の日」の2キャンペーンにエントリーする
  • 5か0のつく日に、楽天カードでふるさと納税を行う
  • 複数の楽天ショップで買い物、または複数の自治体にふるさと納税を行う
楽天のお得なキャンペーンを活用して、高還元率でお得にふるさと納税をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です