楽天ふるさと納税は寄付にポイントが使えて(控除対象)最大28%ポイント還元!

この記事では、

  • 楽天ふるさと納税で楽天スーパーポイントが使えて、貯まる
  • ポイントで寄付した金額も、税金の控除対象になる
  • ふるさと納税も、ポイントキャンペーンの対象になる
  • 寄付額の最大28%を楽天スーパーポイントで得る方法

について説明しています。

この記事を読むことで、楽天ふるさと納税と楽天スーパーポイントの関係を理解して、高還元率でお得にふるさと納税ができるようになります。

楽天ふるさと納税では楽天スーパーポイントが使える!ポイントが貯まる!

楽天ふるさと納税では、寄付の支払いに楽天スーパーポイントを使えます。
また、楽天ふるさと納税で寄付した金額に対しても、楽天スーパーポイントが貯まります。

ここでは、楽天ふるさと納税の、

  • ポイント還元の条件と還元率
  • いつポイントが付与されるか
  • 期間限定ポイントの使用について

を説明します。

楽天ふるさと納税のポイント還元率は1%〜最大28%!

楽天ふるさと納税で寄付をした場合、楽天会員の場合は寄付金額の1%〜28%が楽天スーパーポイントとして還元されます。

楽天スーパーポイントが貯まる&使える

楽天ふるさと納税での寄付申し込みも通常のお買い物と同様、ポイント付与の対象になります。また、寄付金のお支払いにポイントを使用することもできます。

※100円につき1ポイントが付与されます

出典:楽天市場で簡単ふるさと納税 -楽天市場

楽天会員でない場合でも、楽天ふるさと納税で寄付をすることはできますが、ポイントの付与はないのでご注意ください。

Q.楽天会員に登録する必要はありますか?

A.楽天会員に登録しなくても、楽天ふるさと納税はご利用いただけます。決済画面にて必要情報をご入力ください。楽天会員でない場合、楽天スーパーポイントの付与はございませんのでご注意ください。

出典:よくある質問 – 楽天ふるさと納税のご利用について -楽天市場

楽天スーパーポイントアッププログラムやショップ買い回り、5と0のつく日などのポイントアップキャンペーンを活用することで、最大で28%のポイント還元をふるさと納税でも得られます。

例えば、3万円のふるさと納税を行い、28%のポイント還元を受けた場合、楽天スーパーポイントが8400ポイント得られます。

  • 30000円×28%=8400ポイント

楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円で楽天市場や楽天トラベルで使うことができます。

寄附金額の最大28%のポイント還元を受ける方法は、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみて下さい。

▼関連記事
楽天ふるさと納税+3キャンペーンで楽天ポイントを最大28倍にするやり方

2019年6月1日の規制後も、ふるさと納税はポイント還元の対象

2019年6月1日からのふるさと納税の規制強化により、返礼品の基本還元率の上限が30%へと規制されました。

総務省は、ふるさと納税を実施できる自治体を以下のように決めました。

① 寄附金の募集を適正に実施する地方団体

② (①の地方団体で)返礼品を送付する場合には、以下のいずれも満たす地方団体

・返礼品の返礼割合を3割以下とすること

・返礼品を地場産品とすること

出典:ふるさと納税ポータルサイト -総務省

ふるさと納税の規制強化により、還元率の高い商品は激減しました。

実際に楽天ふるさと納税でも、ポイント10倍の返礼品は廃止され、2019年9月時点ではありません。

しかし、楽天ふるさと納税での寄付は、楽天スーパーポイント付与の対象のままです。

そのため、規制が強化された2019年6月1日以降でも、楽天ふるさと納税であれば高還元率でふるさと納税ができます

いつ?楽天スーパーポイントが付与されるタイミング

楽天スーパーポイントが付与されるタイミングは、寄付の申込日から20日後です。

寄付寄付を申し込んだ翌日には、「獲得ポイント」として表示されます。

Q 楽天スーパーポイントはいつ付与されますか?

A 寄付を申込んだ翌日に「獲得予定ポイント」として表示され、申込み日から20日後に「利用可能ポイント」として使用できるようになります。ポイントの付与ルールについてはこちらをご確認ください。

出典:よくある質問 – 楽天ふるさと納税のご利用について -楽天市場

楽天ふるさと納税での寄付に、期間限定ポイントが使える

楽天ふるさと納税での寄付に、期間限定の楽天スーパーポイントが使えます。

楽天ふるさと納税は楽天市場内のサービスですので、楽天市場と同じ支払い方法で、ふるさと納税を行えます。

そのため期間限定ポイントで、ふるさと納税の寄付の支払いも可能です。

たとえば、3万円の寄付をする場合、2万円を楽天カードで支払い、1万円分を期間限定ポイントで支払うことも問題ありません。

楽天スーパーポイントで寄付した金額も控除に対象になる

現金やクレジットカードで支払った場合と同様に、楽天スーパーポイントで寄付した金額も、税金の控除対象になります。

楽天ふるさと納税の公式サイトでも、以下のように明記されています。

Q.ポイントも税控除の計算をする際、寄付金額に含まれますか?

A.はい、ポイントでの寄付も金額に含まれます。

出典:よくある質問 – 楽天ふるさと納税のご利用について -楽天市場

たとえば、5000円分ふるさと納税をする場合、寄付額すべてを楽天ポイントで支払ったとしても、翌年の控除対象額は5000円で計算されます。

現金を支払っていないのに、翌年の税金が控除されるのでとてもお得です。

楽天ふるさと納税もポイントキャンペーンの対象になる

楽天ふるさと納税も、楽天で行われる様々なポイントキャンペーンの対象になります。

ただし金券などの換金性の高い商品は、対象外となる場合がまれにあるので、注意が必要です。

Q.ふるさと納税の寄付金もポイントキャンペーンの対象になりますか?

A.ふるさと納税の寄付金も、楽天市場内の通常のお買い物(通常購入)と同様のお取り扱いになります。

金券類(商品券や切手・はがき)など、換金性の高い商品は、ポイント付与の対象外となる可能性があります。

各キャンペーンのルール詳細を必ずご確認ください。

出典:よくある質問 – 楽天ふるさと納税のご利用について -楽天市場

実際に楽天ふるさと納税で利用できる、ポイントキャンペーンは次の3つです。

  1. 楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム):最大16%UP
  2. ショップ買い回り:最大10%UP
  3. 5と0のつく日:2%UP

これら3つのキャンペーンを利用してふるさと納税をすれば、最大で寄付金の28%を楽天スーパーポイントで獲得できます。

買い物や旅行など、楽天グループで利用できる楽天ポイントでの還元なので、非常に使いやすくお得度が高いです。

3つのキャンペーンを利用して最大28%の楽天スーパーポイントを獲得する方法は、以下のページで詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▼関連記事
楽天ふるさと納税+3キャンペーンで楽天ポイントを最大28倍にするやり方

まとめ:楽天ふるさと納税で、規制強化後もお得に寄付しよう

楽天ふるさと納税と楽天スーパーポイントの関係について、説明しました。

ポイントは以下の4点です。

  1. 楽天ふるさと納税では、楽天スーパーポイントが使えて貯まる
  2. 楽天ポイントで寄付した金額も、税金の控除対象になる
  3. ふるさと納税も、楽天市場のポイントキャンペーンの対象になる
  4. 3つのポイントキャンペーンを利用すれば、寄付額の最大28%を楽天スーパーポイントで獲得できる

ふるさと納税の規制強化後も、高還元率で寄付できる楽天ふるさと納税を利用して、お得にふるさと納税をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です